サービス案内

給排水衛生管理

貯水槽衛生管理業務

清潔かつ安全な水を提供し続けるために…

貯水槽衛生管理業務

貯水槽が設置されている建物の水道水を、常に清潔で安全な水に保つためには、定期的な槽内の清掃が必要です。10t以上の貯水槽は、「水道法」や条例などにより年1回の清掃が義務付けられていますが、それ以下の容量の貯水槽においても定期的に清掃を行わないと、錆びや汚泥の蓄積・藻の発生・小動物の槽内混入などにより水質悪化につながります。また、建物内の水道水を飲んだ方々の健康被害に対し管理者の責任を問われる場合もあります。

当社は「建築物飲料水貯水槽清掃業」の登録業者であり、専門の作業員が、清掃・消毒・水質検査・給水ポンプ・電気関係の点検を実施。安心・安全な水をご提供いたします。

飲料水推移質検査業務
貯水槽衛生管理業務

定期検査で事故を防ぐ!

貯水槽を清掃しても、給水配管の老朽化、給水ポンプの故障、貯水槽タンクの劣化などにより、水質に問題が発生する場合があり、定期的な水質検査を実施しなければ思わぬ事故につながりかねません。
事故を未然に防ぐためには、ビル管理法に基づく建物の法定検査はもちろんそれ以外の建物についても正確な水質検査を行うことが必要です。当社では、検査結果で異常が見つかれば直ちに原因を究明・報告し、改善提案をすることによって安全な水をご提供いたします。

排水設備管理業務
排水槽清掃

建築物における衛生的環境の確保に関する法律(ビル管理法)により特定建築物の場合、6ヶ月に1回のビルピット(汚水槽・雑排水槽等)定期清掃が義務付けられています。

特定建築物以外の建物においても、清掃をしないと排水ポンプの故障、悪臭・害虫の発生が起こり、正常な機能の維持ができなくなります。通常確認することのないビルピットの内部を、熟練した作業員がすみずみまで清掃を行い、排水ポンプ他機器の点検も実施。もちろん、作業報告書には清掃前・後の写真を付け、作業のご確認ができるようにいたします。

グリストラップ清掃

前項と同じく、ビル管理法により特定建築物の場合、6ヶ月に1回グリストラップ(阻集器)の定期清掃が義務付けられています。

飲食店などの業務用厨房施設の場合、グリストラップの設置が義務付けられています。グリストラップは厨房からの排水の中に含まれる残渣や油脂分を収集・分離し、排水管を詰まらせることのないようにする装置です。
清掃を怠れば、グリストラップ内部に油脂が堆積し、悪臭を放つとともに排水管に油脂分が流入することになり、管に付着し詰まりの原因になります。毎日自社で残渣の処理、清掃を行っている飲食店でも完全な清掃は難しいのが現状です。これまでに豊富な実績がある当社に1度お任せいただければ、違いを実感していただけると思います。
特に油を多く使う飲食店などには、1〜2ヶ月に1回の清掃をお勧めいたします。

排水管清掃

昨今、ビルやマンションの排水管の不具合により、様々なトラブルが起こっています。

マンションなどでは排水管の詰まり、亀裂により排水が住居の中に流入し、住民と管理会社(オーナー)の間で訴訟に発展するケースも見られます。
配管の老朽化が原因であることもありますが、ほとんどの場合、定期的な排水管清掃を行わなかったために、管内に油脂、塵芥等が付着し、管径が細くなり詰まりや亀裂を起こしたことが原因です。
軽度な漏水であれば修繕費用も少なくて済みますが、建物全体の排水管更新工事を行うと莫大な費用が掛かります。このような無駄な費用をなくすためにも、定期的な排水管清掃をお勧めいたします。
当社はビル、マンションなどの居住者の皆様に衛生的で快適な環境をご提供するお手伝いをさせていただきます。

ご要望があれば、詰まりの原因を突き止める配管内の内視鏡調査も行います。
これによって、清掃か修繕かを判断することができますので、お気軽にご用命ください。

ページの上部へ